扉を開ければそこは夢の国
いんふぃにてぃアップル。


プロフィール


infinityapple

Author:infinityapple
面白そうなものをとりあえず見に行く人生になって早数年、アーカイブ機能がメインですが観劇&イベントメモ用ブログ。
「マナーを守って静かに楽しく応援する」ことを大切にしています。
※コメント欄設けてないので何かございましたら拍手欄よりお願いいたします。
※ブログ内記事の無断転載はお断りいたします。



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (1)
レポート(観劇・イベント等) (62)
ひとり鑑賞会 (1)
日々のうわ言 (11)
レポ系ツイート・その他記録系まとめ (10)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手 by FC2

2015.04.25  ごめんアイア、君だけはどうしても愛せないんだ <<14:14


さんざん既出なんだけれどもいい加減気になりすぎたのでまとめてみようと思う。

今年の春からアイアシアターが「AiiA 2.5 Theater Tokyo」なる名前に変わった。
2.5次元ミュージカルに特化した劇場になる、らしい。ふーん。へーえ。

うん、とりあえずわかった。
なんか協会できてるし?テニミュをベースに本気で二匹目のどじょうを狙いにいっているのはわかる。
日本独自に発達したコンテンツだからこそ海外に売っていきたいっていう、
くーるじゃぱんに乗っかるような流れもまぁ商売としては自然だとは思う。
そのへんについてのアレコレもなんか「?」って思うことばかりなんだけど、
にーてんごじげん作品化について云々いうほど、
そもそもわたし演劇そのものに造詣ふかくないんで、
とりあえずいち顧客として納得がいっていないこの1点を大声で叫んでおこうとおもう。

アイアシアター、どうしても君だけは愛せない

みんなさんざん「プレハブ」「仮設」って評して来てるけど、本当にその通りですよね。
「座席は広くて座りやすいけどちょっと見切れがおおいのが難点」とか、
「最寄駅からのアクセスが悪すぎる」とか、
「前方席が平らな部分が多すぎて見づらい」とか、
そういう劇場としてのまともなウィークポイント、ではない。全くない。
そもそもあれが「劇場」と名乗ること自体ほんと間違ってると思うレベル…

ダメポイントその1:容赦のない音漏れ
…あのーすみません、音漏れ前提の劇場ってどういうことでしょうか???
ついったーで回ってきて思わず二度見したんだけど、
とある演目の公演日程表に▲印がはいってる日があってね。
その▲の意味っていうのが

”劇場付近にあります代々木公園周辺にて「明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭りスーパーよさこい2015」が開催されております。そのパフォーマンスが行われている関係で、シーンによりましては音漏れ等の影響が想定されます。予めご了承の上、チケットをお買い求め下さい。”

なんですって(爆笑)

…はぁ!?!?!?!

(きになった人はここを見てね→http://www.basara-st.com
この衝撃がついに最後の一押しとなりこの記事を書くに至ってしまいました。
アイアに行ったことのある人ならその大半が、実際に音漏れを経験してると思うんですよね。
わたしも過去によさこい・街宣車の音漏れに激萎えしたひとりです。
シーン・・・として緊張感がはりつめている、観客が固唾をのんで見守っている、
そういう場面に外から流れ込んでくる外部の音は、
それが何であれ、ただの”騒音”にしかならないです。
そして恐らく集中力マックスで演じてる側のいら立ちはいかばかりなんでしょうかね…

だって、どう考えてもおかしくない????
「音響」って、照明・美術などなどと並ぶ形で、めちゃくちゃ重要な舞台要素ですよね?
音をつかって、登場人物の心証を舞台上に提示してみせたり、
観客の期待をもりあげたり、音楽で場面転換をあらわしたり、
音響なしに成立しない作品が大半ですよね??
それだけ重要な「音響効果」の成立を根本から揺るがすような環境を放置しておいて、
なぜそれで劇場と名乗れるんですかね???
ここで仕事するSEさんとか嫌になんないのかな…と思う。
そしてさ、「音漏れするけど説明はしたから!クレームしないでね!」
的にチケット発売時に客に向かって開き直るのにもびっくりするけど、
企画側はそこに出演する役者さんたちのことを本気で大事にしてないんだろうか?っていう懸念。
このあたりはさいごにまとめる。

ダメポイントその2:客席のクオリティ
舞台ってどんなに短くても1時間半くらいはありますよね。
観客は休憩なしの場合、その時間ずっとすわりっぱなしですよね。
しかし我々がアイアで腰かけるのは、
「あれここ体育館かな??」っていう感じの、かったい樹脂製シート…
そして何より問題なのが、
横一列の椅子どうしがつながって設置されているため、
同じ列の人が体を動かすとその振動がダイレクトに伝わってくるという驚きの仕様!
例:みっつ隣の人がずっと咳き込んでて、その絶え間ない振動に見舞われ集中がたびたびとぎれた。
(咳じたいは一生懸命おさえようとがんばってらしたけど、咳き込むと絶対体揺れるでしょ?
その揺れを全部、左右に拡散するつくりの椅子なんですよ)
笑う時のリアクションが大きい人が近くにいると、やっぱり椅子が終始ぐらぐらゆれてびっくりしたりとか…
あれで作品世界に集中しろとおっしゃるのでしょうか。いや無理だろ!

ダメポイント3:トイレのガチ仮設っぷり
はじめて行ったときはほんとうにびっくりしました。
なんだこれは!?プレハブの校舎にくっついてるトイレかな!?みたいなね!!
なんか全体的に…入りたい感じではないよね!!!
トイレ個室内部の荷物をかけるフックは、
ホームセンターで買ってきてねじ止めしたよ!みたいな感じで、
すっげちゃちいくていつカバンが下におちるかと不安だしね!
お手洗いで別に過剰なおもてなしはもとめてませんけど、
今日び東京のど真ん中で、ああいうクオリティのトイレを設置している商業施設には、
まずお目にかかれないと思いますよ。
「お金を払ってもらったお客さんをよぶ施設」と考えると、とてもあかん状況だと思います。


とまぁ、こんな劣悪()な環境だといっていいと思うんですけど。
役者さんたちから見ての演じやすさは分からないので、そこは不明ですが、
なんか心配になるよね。目に見える部分がこれだとね…

こういうクオリティの劇場で、
「世界に発信する!!」みたいな演目をかけることを恥ずかしいと思わないのかな…
という、非常に素朴な疑問があるわけです。
海外公演するだけじゃなくて、もっと海外からお客さん呼べるようにしたいんでしょ?
それで来てみたら、アレですよ。…それって大丈夫??

でね、上記の懸念を掘り下げていくと一番気になるところにぶつかるわけ。
それは
「にーてんごじげん界隈に出演する役者・および観客層まで、まとめてなめられてんじゃないか」
っていうことです。
ごめんなさいだけど、
この程度の演目なら。この程度の客層なら。別にこれで十分だろう。
そう見られているとしか、思えないわけですよ。

劇場って、舞台って、非日常を演出してくれる場所じゃないのかな?
現実世界にぽっかり空いたその時間、
目の前に広がる作品に夢中になれる、そのための場所じゃないのかな?
出演してる役者さんたちは、自分たちの精一杯を、
その作品、役にぶつけているわけですよね?
演じる側、観る側双方にとって非常に重要なはずの”器”を、
なぜこうまでもないがしろにできるのか。
それは、役者のことも観客のことも、大事に思ってないから、じゃないんですかね???
そこが一番腹が立ちます。
にーてんごじげん作品をコンテンツとして成熟させたいんでしょ?
その担い手の役者たちも育てたいんでしょ?
じゃあ、もっと大事にしたら???って思いますよね…

あとね、観る側はね。
例え作品は選べても、劇場までは普通えらべません。
「この役者さんが出てるから気になるけど、さすがにこの題材はちょっとな…」
みたいな感じで、作品を理由に観劇を見送ることはあるかもしれない。
作品に限らず、脚本・演出・役者によって観劇するか否かの判断をするのって、
わりと普通にみんなやっていることだと思います。
でもね、劇場ってそうでもないと思わない?
どんなにアイアが嫌いでも、好きな作品で好きな役者さんが出てたら、
そりゃチケットとるよ。じゃないと観れないじゃん。当たり前じゃん。
私が愛してやまない帝一の國もあのすばらしいパルコ劇場からアイアにうつりました。
めっちゃ嫌です!!!パルコが良かったです!でも行くよ!!!むしろ通うよ!
作品は大っ好きなんだから、それが当たり前だろ!!!

どこでやっても観客動員数に大した差が出ないと思ってるのかもしれませんけど、
それは実際当然のことなんじゃないですかね!?
だって作品が観たかったらどこでやるのかってとこに選択の余地なんかないもの。
逆接的に「だからどこでもいいだろ」って思われてるとしたらほんとうに腹が立つ。
安く使える劇場なんだろうなってことは当然察してるけどさ、
その安さゆえの諸々を、観る側演じる側に押しつけていいんですかね??
というか我々は絶対的に”客”として見られてないってことだよな~と…思う…
そういう姿勢がビジネスとして許されると思いたくないんだけどな…
一番の憤りはここに行きつくんだろうな…
「劇場に行く」って、本来すごくわくわくして、生活の中に潤いをもたらしてくれる行為なのに、
「アイアか~~…別に行きたくねぇな」ってなるのよ。ダメでしょ!?


とりあえずタイトル通り、
ごめんアイア、君だけはどうしても愛せないんだ。
でも行くしかないんだよ。という個人的ジレンマでした。
とくに音漏れだけは…どうしても許せないんだよぉぉぉ
あの環境で演じてる側もどう考えても気の毒だよぉぉぉ

べつに私アイア好きだけど?って人もいると思います、気分害されたらすみません。
お目汚し長文たいへん失礼いたしました!

No.56 / 日々のうわ言 // PageTop▲

web拍手 by FC2

2015.04.08  p.o.t 3周年記念 D2バスツアー レポ(その2) <<21:34


だらだらとあげておりますバスツアーレポ。
でもほんとに記憶できなかったんだよね…そりゃ当たり前かとは思いつつ悔しすぎてつらい
書いてても全然面白くならないのが悔しい(※どこへ向かっているのだ)
とりあえずBBQまで。

●乗車後すぐのコメントDVD
数人ずつでバスツアーだね!的なコメントDVD。
すでにぐるーぴんぐ思い出せなくなってるし…すぐ書いとけよ!!
たぶんあってると思うの…
「ちゃんじん・けんきさん・池ぴー」
「前ちゃん・陽ちゃん」
「祥ちゃん・みつやさん」
「ゆうき・おねぎ・あつし」
「あくにゃん・しらまた」だったと思います違ってたらごめんなさい><
収録はおそらくぽっとマガジン収録の鍋パと同日?(服がおんなじだった子たちがちらほら。)
なお今回不参加のしおんちゃん・てぃとん・ゆっきーは一人ずつ撮影されたメッセージでした。

グループだけ思い出してみたんだけど、、コメントの内容ほぼ覚えてない…!!!
覚えてることといえば
・おおみよ前ちゃんペア、「みなさん」「おはようございます!」のくだりが全く揃わない。
事前にリハーサルやってたのに!って言いながら4回目くらいでようやく揃う。
「ごめんな!かんっぺき俺のせい!」ってハの字眉+サンシャインスマイルであやまる陽ちゃんso cute
・しらまたあくにゃんペア
あくにゃん「今日は皆さんに何て呼んでもらいたいの?
僕はね、あくにゃんって呼んでほしいです(名札アピール)しらまたは?」
しらまた「僕はですね~、そうだな~、いろいろなパターンあるからねぇー」
あくにゃん「やっぱりさ、あれじゃない、てぃうすじゃない?今日はてぃうすで!」
っていう流れだったけど\てぃうす~!/って呼びかけるの結局一日中忘れてた
・ゆうきおねぎあつし組が異様にコメント長くてグダってて可愛かった(けど覚えてない)

●マザー牧場お出迎え
・進行方向右側に、みつやさん・池ぴー・前ちゃん がいたのは覚えている。
前ちゃんはなぜか羊連れでニコニコ手を振ってくれててわんころみたいに可愛いな…と思った
みつやさんは池ぴーに抱きつきながら飛び跳ねていた。
手を振り回したり、とにかくぴょんぴょん飛んでてガラス越しだけど、やかましさすごかったw
(たぶん、寒かったんだと思うんだよね…!)

●写真撮影
・D2メンバーは最後列にならんだまま待機。ファンがグループごとにぞろぞろ入れ替わっていく形式
・ファンがぞろぞろメンバーの前に並ぶときは、みんな目を合わせて手を振ってくれる。やさしさ
・カメラマンさんが「はい、いきまーす!」っていうたびに効果音いれたり変顔強要したりする祥ちゃんおねぎ

●自己紹介
・BBQ会場で待機しているファンのもとへ、芝生の広場をつっきるような形で歩いてくるD2
・なぜか、横一列に並んだまま歩いてくるのでヒーロー映画かwwってなってすげー面白かった
・しかも雨降ってるのにめちゃくちゃゆっくり歩いてくるww
・あつしさん、途中から前後左右に向かってゆったり手を振ったり天を仰いだりし始めるw
もちろんファンは前方にしかいないので、後ろにいる架空の観客の大歓声に応えていたww
はしゃいでるんだな~ってすっげニヤニヤしました
・ツアー会社の方が「それでは、potのみなさん、お願いします!」って言ったのくそわろた
potはわたしらのことね…!あのこたちはD2だから!っていう(※このpotのくだり2回ありました)
・けんきさんが司会のような感じで自己紹介を回す。
・3グループに分かれて、あれだ、朝礼台みたいなやつ!に4人ずつでつめんが立つ。
私の位置はほんと一番端のほうだったので、
自分の正面にいた子たち以外はほとんど見えなかった><
そしてみつやさんが常時柱の陰でほんとに全くみえんかった~;;
たぶん、になっちゃうけどグルーピングはファンから向かって左から、
「陽ちゃん・前ちゃん・祥ちゃん・あくにゃん」
「けんきさん・みつやさん・池ぴー・ゆうき」
「あつし・おねぎ・ちゃんじん・しらまた」
だったはず。以下覚えてるところほんのちょっとだけでも

・左側グループのマイク音が入らず、反対がわの右側に座ってるファンに声が届かない。
けんきさん「中継するから!!言って言って!」
陽ちゃんの自己紹介のあと、
けんきさん「こんにちは、近江陽一郎です!!」ってほんとにしばらく中継してたw
(途中からマイク復活しましたが)
・あと左側グループで誰かが安堂拓海くんのモノマネしてましたね、だれだ!
「でも蓮にはカノジョがいる・・」って、アレたぶん祥ちゃんだな…笑
・みつやさん「みなさんっ、いつものいきますよ~!
3たす2たす8はー?\むげんだ~い!/
あおむぉりがむんだ…(突然噛む)」爆笑www
寒かったんだってww 自己紹介噛んでてんぱるみつやさん可愛かった
・池ぴー…「BBQでは~、コーンがすきで~す、楽しみだなー!よろしくお願いしまーす!」
※だれよりも緩い
※そして今回のBBQにはとうもろこしありませんでした!笑
・おねぎ「こんにちは~!…綾野剛で~す」オイコラwww
まるいお洒落メガネかけてたんだけどそのことを言っていたらしい、似合ってたYO!
・あつし…自分の番になるとおもむろに(※雨の降っている)芝生ゾーンに歩んでいき、
「この自然に映える!ライムグリーンのように!」みたいな感じで全力ポージングつきの挨拶
ライムグリーンのようになんだったのか全然思い出せないけどw
あっちゃん終始めっちゃ楽しそうだったテンション高かった可愛い
・ちゃんじん…「みなさんご当選おめでとうございます!
今日来られなかったメンバーの分、参加できなかったファンの方の分、
全力で楽しんでいきましょう!!」やさしい。

●BBQ中
・とにかくそのへんをウロウロしまくりなメンバーたち。
ただしでつくらは火起こしに夢中です!涙
・うちの班のかまどのとこで、あくにゃんが火のおこしかた調べてくれたそうです。
(ブログにも書いてあった!)
・うろうろしてる祥ちゃんと目があったとき思わず
「さむい…」とこぼしてしまい
「さむいね~!!」と返してもらいましたありがとうでももっとほかのこと言えよ自分!!!
・挨拶に立ってた近辺のグループを重点的にうろうろしてましたね。
けっこう偏りがあって、この時はねぎあつ・あくにゃん前ちゃん・陽ちゃん祥ちゃんあたりが沢山来てくれた。
というわけでテーブル周り以外はみつやさんには全然会えなかったァァァ;;

以降、テーブル周りのときのやつ。
・ねぎあつ組
同じ卓の人が「寒いからねぎが折れないか心配だよ~」って言ったら
おねぎ「え?…だーいじょうぶですよ~?」
わたしが「メガネ似合ってるよ!」って言ったら
おねぎ「え?…だーいじょうぶですよ~?」って返してきて笑ったw
知れば知るほどねぎちゃんの事どんどん好きになるわまじで
・ちゃんじんしらまた組
…ごめんなさい全然覚えてないっす!!!!
(ちょうどこの二人を推している二人連れがいらっしゃったので固唾をのんで見守っていたら終わった)
でもたぶんみんな寒くない?お肉ちゃんと食べた?的なことを言ってくれたと思う…
・おおみしょうたろう組
テーブルに来るとガッツポーズで「イェイ!」って盛り上げてくれる祥ちゃん
とりあえず何らかのお笑いネタを祥ちゃんが陽ちゃんに無茶ブリしつづけてた。
陽ちゃん「あったかいんだからぁ~♪」って何回歌ってたんだろうというww
となりの卓でラッスンゴレライもやってました。「事務所ちげーんだからな!」by陽一郎
陽ちゃんの笑顔はほんとうにずるいなぁと間近で見て思いました。
けっこうファンと目を合わせてニコォッて笑うから、あれはズルいよ!!!イケメンすぎ
・いけぴゆうき組
他の方から「コーンなかったね!」「そうなのー、残念!」の流れから
池ぴー「何が好きですか?」(一番近かったのでがっつり目を合わせて聞かれてびっくりした)
私「…お肉!」(※他に答えないのかよ)
池ぴー「あ~お肉ね~、正直なやつね、肉食系なやつね!」
ゆうき「流行るね!」
っていうやりとりをしました、たしかにお肉を食べ残さなかった肉食系テーブルでした
・あくにゃん前ちゃん
「名札可愛い~!」っていうファンの声に「ありがとー、みんなとお揃いだよ☆」ニコニコあくにゃん
・けんみつ組
とにっかく、来るのが遅いww 時間オーバーで回りきれなくなるのを正直本気で覚悟しました!!
でもちゃんと全卓回ってくれてありがとう!!!
ついったでも書きましたが
みつやさん「(かまどが近いので)皆さん気を付けてくださいね!アーチーチーアチ!」ってなりますからね!」
けんきさん「…今のアレね、99年くらいのやつね!」
みつやさん「皆さんジェネレーションギャップ感じたら言ってくださいね!
みっちゃんそれ古くて分からない~って言ってくださいね!」
っていうやりとりがくっそ可愛かったです。
けんみつはテーブルの合間を移動する間じゅうもずーっと喋ってて、
なんていうかサービス精神…っておもいました。
「みなさん全部ちゃんと焼けました?あ、すごーい!」ってほめてくれたみつやさん
すっごい楽しそうでね、ニコニコキラキラでね…あぁぁ尊い
願わくばもっと間近でうろうろしてるところを拝見したかったです。涙

ちなみに各テーブルのファン構成ですが、けっこうバラバラでしたよ。
チェックメンバー考慮してくれてるんだな~って思った。
なので程よくギスギスしたりせず(笑)
「誰がお好きなんですか??」っていう会話も楽しかったな。
D2でバスツアーやるとベクトルがバラバラでうまい具合に発散して意外に平和だということが分かった。

もっと面白いこと沢山やってたはずなんだけどな;;なんでこれしか覚えてないのぉぉぉ
それはやっぱり寒かったからだよネ★ウフフッ
すみません、一つ目の記事にしつこいくらい寒いって書きすぎてあれでしたが、
勿論ものすごく楽しかったです、バスツアー。いまさら。笑

No.55 / レポート(観劇・イベント等) // PageTop▲

web拍手 by FC2

2015.04.06  p.o.t 3周年記念 D2バスツアー レポ(その1) <<21:45


やるしかねぇぇ!!!という気持ちで書きます、D2バスツアーレポ!
でも最初にお詫びをば…
ぶっちゃけ体力的にあんまり本調子でなかったのと、真冬並みの極寒だったため、
精度がひっじょ~~に低いレポになってしまうと思います。くやしみ。
万全の調子じゃないと記憶力も低下するわよね!!!

まずは一日の流れをまとめますね!
細かい話まで書き込んでいくとしんでしまうのでとりあえず概要を。
こういうことがあったよ~とかここが可愛かったよ~的な部分については、
ほんとに全然記憶できなくて(情報過多だったし寒かったし
あと推しであるところのみつやさん運があまりなかったので記憶メモリ起動しなかった疑い(終始遠かった)
その辺あんまりご期待にそえないと思いますゴメンナサイ;;
どんなイベントだったのか、っていう部分は
それなりにしっかりお伝えできると思いますが需要ソコジャナイ感><



8:00 東京駅鍛冶屋橋駐車場集合
早い人は7時すぎから並んでたみたい。わたしは7:45頃つきましたが。
この時点でかなり寒い。そして雲ゆきの怪しさ。ちらほら雨ふってますけど的な…
会員証と身分証明書で本人確認を終えた人からバスに乗り込む。
なお、バスの入り口に座席表が貼りだされており、ここでほっとしたぼっち参加者多数と思われる
バスはなんと大所帯で11台でした。すげー数だな!

・さすがに遅れてくる人はほとんどいなかったようで、8:15頃、ほどなく出発。
添乗員さんから「バスツアーのしおり」「パス」「座席割」が配られる。
しおりはA5サイズでピンクの画用紙にD2っこ手書き文字が印刷されてました。
15人全員からのメッセージあり!
パスは首から終始下げるように指示あり。
おもて面にはツアー参加番号と本名()が印字。裏面にニックネームを手書きしてね、の指示。
座席割は、その後の写真撮影・BBQ・運動会の際の席番号が、ひとりずつ割り振られた状態で配布。
つまり「どこでどう動くのか」あらかじめ全指定でした。これとても良かった。
400人規模だと決まってないと大混乱しちゃうものね。

・出発後しばらくして車内DVD上映(参加不参加問わずD2全員からのメッセージムービー)

・うみほたるでトイレ休憩(約20分)
ていうか雨、かなり降ってる。
え、この天気でBBQやるのん??という不安が高まっていく。

・10時半くらいかな?マザー牧場に到着!
バスがキャンプ場に入っていくと、両側にでつっこが6名ずつ並んでお出迎えをしてくれる仕様☆
なお雨だけでなく風も強いため、屋外予定だった運動会の場所を変更し、
BBQ後は屋内に移動します、というアナウンスがたしか到着前にありました。

・到着後すぐ、バスごとに添乗員さんに案内され、メンバー全員との写真撮影へ。
バス一台が2グループにわけられ、1号車から順に撮影。
修学旅行っぽい感じです。メンバーは最後列に整列し、
その前にファンが2列で並びました。
…そしてバスから降りた瞬間、本格的な寒さとの戦いが始まったのだった…!!!!!

・撮影が終わった人たちはそのままBBQ卓へ着くように誘導される。
1卓あたり、ファン10名でした。
全グループ撮影が終わり、スタッフさんより改めて諸注意(撮影・SNS投稿禁止等)があったのち、
D2メンバー登場。司会は主にけんきさん。
とりあえず、ずっと寒い。メンバーの話を聞いて爆笑したりしつつ、
寒い!!!と心の中で叫ぶ

・自己紹介をひととおり終えたあと、マザー牧場スタッフさんよりBBQ手順説明
「では、BBQをはじめてくださ~い!」で割と早々に放り出される。
BBQはなかなかに本格的というかハードで、、薪と着火剤で火をおこすという。
野菜はカット済みだったからホッとしたけど!

・とにかく寒い。
っていうか吐く息が白いんだけど!!!!
なんなら雨降ってますけん…屋根はついているが完璧屋外のBBQ会場。吹きさらし雨ざらしの中、
2パックとたっぷりの肉ほか、大量の材料+薪を目の前に一瞬戸惑う
でも火を起こさなけりゃ始まらねぇ!とやけっぱちになるでつクラたち
BBQ卓とかまどはちょっと離れてまして、またスペースも限られるため、
テーブルについた10人全員がかまどに行くことはできず。
必然的にメインで火起こしをやってくださる3名くらいが固定されてしまう。申し訳ねぇ。

・火をおこしてくれてる間、とりあえずもやし洗っとく!?
くらいなお仕事をするがすぐに終わってしまう。
所在なさげなまま談笑を始めるわれわれファンの合間を、
ふら~と自由に歩き回り始めるメンバー。
そのへんにあのこたちが「いる!!!!」っていう状況に最初はびっくりしたものの、なれちゃうもんですね。笑
かまど近くで火起こし応援してくれたり、テーブルの様子を覗き込んだり、
ちょっとソワソワしているでつめんもすぐにリラックスしていた印象。
この時点ではスタッフさんの誘導もあまりなく、かなり自由にメンバーたちがうろうろしてました。

・火がついたらあとはとにかく肉と野菜を交代で焼いて食べる!というかんじ。
うちの卓では焼く人食べる人を完全交代制でやりました。
食べてるうちに手がかじかみすぎて箸もつの辛くなった。寒いってばよ
あとご飯をよそったおひつを各卓ごと貰いに来てねと指示があったんですが、
なんとメンバーがよそってくれたそうです。
うちの卓はけんみつがよそってくれたらしいのですが、
あけてみたらすごい小盛りで「女子力www」って思った
(10人全員にご飯配ったらしゃもじに軽く1杯ずつくらいしかなかった)
※ちなみにうちの卓は材料をすべて焼き切りおひつもおかわりした食欲旺盛班だった。笑

・みんなが調理をだいたい終えてテーブルに座り始めたあたりで、
D2めんが2人ひとくみ×6に分かれて、
スタッフさん誘導のもとに各テーブル訪問を開始しました。
ほんとに全部をまんべんなく回ってくれました。
ペアリングは、
ねぎあつ、ちゃんじんしらまた、おおみしょうたろう、けんみつ、いけぴゆうき、あくにゃん前ちゃん
でした!
体感だと1組1卓あたり、だいたい30秒~1分弱くらいの滞在時間だったと思います。

・BBQスタート~全員が全テーブルを回り終えるまで、だいたい1時間半くらいだったかな?
兎にも角にも体が芯から冷え切るくらい寒かった。
お皿など簡単なごみのみ片づけて、再びバス乗車。
この時点で13時すぎくらいでした。

・14時前に次なる目的地にとうちゃく。
運動会だから体育館とおもいきや、会場はすりばち状の講堂みたいな施設で、
おっきいふかふかの椅子!そして何より、暖房!!!
冷え切っていたでつクラ大歓喜

なんせキャンプ場はお手洗いも少ないし、
いつメンバーが回ってくるか分からない状況で、うかつにトイレにもたてません。
てなわけで、屋内に到着した女子たちはものすごい人数でお手洗いに並びます。
…このトイレ休憩で30分くらいかかってたと思うwww

・14時半頃、ようやくミニ運動会スタート。
ここで司会としてザブンクルの松尾さん登場!
実は朝6時からメンバーと一緒にバスに詰めていてくださったそうで…!
いそいそと推しうちわやメッセージボードを掲げだすでつクラ。
「一人一枚」「電飾鳴り物禁止」「胸の高さで邪魔にならないように」
っていう一連の注意事項はちゃんと守られてたと思います。

・運動会競技は「二人三脚」「玉入れ」+尺が余ったので急きょ追加された「アッチ向いてホイ」。
くじびきでメンバーが紅組白組にわかれました。
なおその中にキャプテンくじも含まれてました。
紅組…池ぴー(キャプテン)・ちゃんじん・前ちゃん・ゆうき・けんきさん・あくにゃん
白組…あつし(キャプテン)・おねぎ・陽ちゃん・しょうちゃん・しらまた・みつやさん
両組キャプテンによる選手宣誓。(台本アリ)

・最初の競技:二人三脚。
ここはくじ引きとかではなく、メンバーにペアリングが任され、さくさくっと決まっていきました。
一回戦:しらまたしょうたろ VS ちゃんじんゆうき←白組勝利
二回戦:おおみつやりょういちろう VS あくにゃんけんきち←紅組勝利
三回戦:池ぴ前ちゃん VS ねぎあつ←白組勝利

・ふたつめの競技:玉いれ。
カゴをメンバーの一人が背負い、同チームの他メンバーが投げる球を受け止めていく方式。
一回戦:紅組カゴ役→あくつ 白組カゴ役→しらまた 白組勝利
二回戦:紅組カゴ役→前ちゃん 白組カゴ役→おねぎ 紅組勝利

・ここで「5分まきなんで、ひとつ種目追加してもらって構わないです」とスタッフさんから伝言。
なぜか「アッチ向いてホイ!」をやることに。
一回戦:けんみつ対決 勝者→紅組けんきち
二回戦:深爪対決 勝者→紅組あくにゃん
三回戦:池ぴーVSしらまた 勝者→白組しらまた(この組み合わせだけ2回やって2回ともしらまた勝利)
結果、ミニ運動会は白組勝利で終了

・つづいてファン全員参加の○×クイズ大会!
(会場到着まえに○×両面印刷の紙がバス車内で配られてました)
正解者20人にプレゼントがあるよ、と事前アナウンスののち、
全員スタンダーップ!でクイズ開始

・出題内容は別記事にするね

・12人全員が問題出し終わった時点で正解者が13名?くらいだったかな?
プレゼント余っちゃうじゃん!ってなわけで急きょその場でメンバーがアドリブで出題。
4問追加され、最終的に19人のファンがプレゼント対象者になりました。
勝ち抜いたファンは壇上に呼ばれメンバーから直接賞品を受け取る。
賞品はツアー中にメンバーが着用していたオリジナルTシャツの色違い(ピンク)でしたよ!

・続いてプレゼント抽選会。
内容はメンバーがひとりひとつ手作りした羊のぬいぐるみ…的なもの
(羊毛フェルト工作にちかいような雰囲気でした!)
ツアー参加番号のくじをメンバーがそれぞれ引いて読み上げる。
呼ばれた人は○×クイズと同じく前に出て、
それぞれのメンバーからプレゼントを直接受け取って終了。

・最後にメンバーひとりずつから挨拶。
ぜんぜん覚えられなかったのですが思い出せた子だけ別記事どこかで触れますね
握手会準備のためいったん捌けるメンバーたち

・ファンはその場で椅子に座ったまましばらく待機ののち、
前列から順に握手会スタート。
はがしは緩めでけっこう話せた、と思います
握手おわった人からお手洗いすませたりしつつ、バスに乗車。
このときも外はまだたいがい寒くて屋内にいられたことに心から感謝した

・握手会が終わったのはたぶん17時半くらいだったのかしら?
バス出発。
マザー牧場到着時とおなじく、メンバーが外で2列に分かれてお見送りしてくれました。
窓を開けてもいいよ!って言われてためらいなく窓を開け放つでつクラたち
しかし席運が悪いと前後であけられた窓が二重に重なり視界が悪くなった!←わたしのことです

・行きとおなじく、DVD上映。
終わってみてどうだった?楽しかったよねー!的なテンションで、
参加している12人からのメッセージ。(もちろん事前撮影分です)

・その後、プレゼント抽選会で渡されたてづくり羊を、
でつめんが作っている光景をゆる~く撮影したムービーも上映。
めっちゃくちゃ緩かったけど、そこがまたでつっこらしさ満点で眠い目ェかっぴらいて見ました

・アクアラインが事故渋滞なので陸周りで行きますね!っていわれたんだけど、
予定より20分以上早い、19:10頃に東京駅丸の内側に到着。
到着したバスから三々五々解散、にてぶじ終了。


全体の流れはこんなかんじでした!!!よ!!
ただ運動会の勝敗とかなんかすでに怪しい。
土曜日帰宅後に書きなぐった手書きメモをもとにしてるんだけど…ああ記憶が砂のようにとんでゆく…
まちがってたらこっそりついったーとかで教えてやってくだしあ

全体的にとてもとても平和なバスツアーでした。
あらかじめ座席などすべて決めてもらってたのが素晴らしかったと思います。
なぜなら「えっこれからどうしよう;;」とかいう風に、
変にうごうごする時間とか一切なくて済むわけですよ。
わたしもぼっち参加でしたが全然だいじょうぶでした。ありがとうスタッフさん。
次回がもしあれば同じ方式でお願いしまぁす!!

ぶっちゃけ行く前はね、楽しみ加減よりも不安の方が大きかったんですが、
トラブル迷惑行為いっさいなし。これはちょっと感動するくらい。
BBQ中は特にメンバーと距離が近かったからハラハラしてもよさそうなもんだけど、
とにかくめちゃくちゃ和やかでリラックスして楽しめた。
あとほんとどうしようもないけど、一番つらかったのは寒さ
筆舌につくしがたい時間でした。寒さが。
おしゃれ重視で生脚だしまくりのわかものたちが心配でしょうがなかったよ。
今後書くレポでもことあるごとに寒さには触れていきます!!!(しつこい)

No.54 / レポート(観劇・イベント等) // PageTop▲

web拍手 by FC2
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。