扉を開ければそこは夢の国
いんふぃにてぃアップル。


プロフィール


infinityapple

Author:infinityapple
面白そうなものをとりあえず見に行く人生になって早数年、アーカイブ機能がメインですが観劇&イベントメモ用ブログ。
「マナーを守って静かに楽しく応援する」ことを大切にしています。
※コメント欄設けてないので何かございましたら拍手欄よりお願いいたします。
※ブログ内記事の無断転載はお断りいたします。



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (1)
レポート(観劇・イベント等) (62)
ひとり鑑賞会 (1)
日々のうわ言 (11)
レポ系ツイート・その他記録系まとめ (10)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


2015.09.16  2015.09.13(日)俺の地図帳公式ざっくりツアー2015 第二弾 彩の国 さいたま編 レポその1(仮) <<23:00


遅くなってしまったのですが、9月13日(日)に参加してきた、
俺地図バスツアー第二弾のざっくりめレポでございます。
どんなことがあったよ~こんな流れのイベントだったよ~っていうのがメインです。
お会いする(?)のは勿論はじめてだったんですが、
タッキーさんもうしろシティのお二人もほんとに優しくていい方だった!
どんな話してたとかのディティールまで突っ込むと書くのに3時間以上はかかるのでとりあえず保留で!
補足したいこと山ほどあるので詐欺にならないように2回目を書きたい;;
(※詐欺らないといいつつ通し番号に(仮)をつけた弱気っぷり)
毎度思うけど、レポって楽しいけど書くのすんごい大変なんだよねwww好きじゃないとできん。
そして当方みつやファンゆえ、とりあえずみつやさんについてばっかり手厚く書いてます、
他クラスタの方食い足りなくてほんとごめんなさい。

まず総括しちゃうと、かなり満足度の高い、すごく楽しいバスツアーだったんです。
なんていうか、意外なくらいハイクオリティというか…嬉しいサプライズだらけでした。
そもそもの参加要項が超ざっくりで、何をするのかいまいちわからなくて、
とりあえず行ってみるしかない??という感じでびくつきながらの申し込みでしたが、
ほんとに一日中リラックスして楽しめました。
2015年で一番楽しいイベントだったと断言できます!

●参加者は90名弱だった模様です。
バスは2台でした。バスの席順や昼食会のグループはあらかじめ決められていて、
受付時に配られるツアーパスに名前とともに記載されてました。
たぶんこの100名以下の人数だったのが良かったんだと思う。
キャスト陣もお客さんに目配りしやすくてしんどくないと思うし、
参加者側もどこにいても全員を見れるものね。(バス分乗してるときはもちろん別ですが)
トイレ休憩とかも長蛇の列になったりしにくい人数なので、
そういう意味でも快適だった。
あとスタッフさんは参加人数のわりに手厚い体制だったのもとても良かったよ。

●集合はなんとまさかの午前7時w 5時起きとか久々にした~~。
受付をすませた人からバスに乗り込み、予定どおり7時過ぎには新宿駅付近を出発。
添乗員さんからの諸注意→ご自身のカメラや携帯でのキャストの撮影は勿論禁止だけど、
いないときは自由にお友達同士とかでいろいろ写真とっていいですよ、とのことでした。
てっきりずっと写真NGかと思ってたのでこれはちょっと意外だった!

●1時間ほど走って途中休憩のSAに停車。
30分のゆっくり目な休憩があり(ありがたい)、トイレを済ませてぶらぶら売店をみるなどして、
すっかりくつろいできたところに!
休憩終わってさぁ出発、となったタイミングで、俺地図キャストの皆さんがバスに乗車!
同じバスにのるタイミングがあるかは参加時点では明記がなく不明だったので、
ここでかなりテンションあがりました!
だってバスツアーだもんやっぱり一緒のバスに乗りたいよねえええ!
行きはタッキーさん&阿諏訪さん→1号車、みつやさん&金子さん→2号車に。
(※帰りはそれぞれ逆のバスに乗ってくれました)
SAから長瀞につくまでの40分くらいの間、
主に参加者からの事前アンケートに書かれた質問をピックアップして答える形で、
キャストさんが諸々フリートークをしてくださいました。
行きも帰りもそれぞれ面白い話がたくさんきけた!
それだけでもかなりぼりゅーみーになりそうなので、次号に期待(※まるで他人事)
週末には書きます!詐欺らない!

●9時半すぎには長瀞に到着。
目的地到着後降りる前に、改めて全員でバスに乗り込んでくれたはず!
そしてここで安定の自己紹介。
「さんたすにーたすはちはー?」\むげんだいー!/「青森が生んだドリームメーカー、三津谷亮です!」
…もはやイベントでこれをやらないと落ち着かない体になってしまいました。ええ。
そしてみつやさんの自己紹介を聞いて、すかさずパロるたきぐちさん。
「さんたすにーたすはちはー?」→レスポンスに戸惑いモゴモゴするバス車内ww
それを無視して「どうも、千葉が生んだドリームメーカー滝口幸広です!」ww
タッキーさん全編とおしてとにかく面白かった…すごく楽しんでらっしゃった気がする!
「俺と三津谷は雨男っていう評判なんですけどね、
今日はこの通り!見事なまでの曇天です!持ちこたえてくれました!」ってゆってたw

●おおかたの予想通り、直前の豪雨の影響でライン下りは中止になりました。
そうよね川下りなんかやってるタイミングじゃないもんね。。
川は明らかに増水していて、色も黄土色に濃く濁ってました。普段はもっと清流なんだそう。
(そしてラインくだり分のお金が現金で返金されたのでとてもびっくりした。良心的…)
ライン下りのかわりに、乗船する予定だった舟の割り振りをそのまま生かす形で、
参加者5グループに分かれての写真撮影を行いました。
もちろんキャストもいっしょです!
とくに並び順等も決まってないので、
思い思いに好きなように並んで撮影するかんじ。すでに程よくゆるい。
この写真撮影の場所にバスから移動する段階から、
すぐそのへんをキャストが素で歩いている状況で、近さにとにかくびっくりしてました。。
みつやさんは白い無地のTシャツにブラック×グレー系のチェックのロングシャツを重ね着。
クロップド丈のパンツに茶色いレザー系のドレスシューズでした。
そしてもしや靴がおろしたてなのか、さっそく靴ずれが出来たらしく(歩きながら自己申告してた)、
写真撮影する場所に歩いていく途中でかかとに絆創膏がチラ見えしてた…かわいい…

●撮影が終わったグループから長瀞の自由散策へ。
行き先は撮影に出てきたかき氷屋さん等にわりと集中してたと思う。
というか、まぁゆーても行く場所に選択肢がそんなにはないのですww
かき氷を食べるorおせんべいを食べるorきゅうりの浅漬けを食べるorサイダーを飲む+SLを眺める
…みたいな感じです。そして直後が昼食だからうっかり色々食べられないという罠。
そしてそんなに広いエリアでもないので、普通にそれぞれ散策している地理メンに遭遇します。
組み合わせは、タッキーさん&阿諏訪さん、みつやさん&金子さんだったみたい。(バスとおんなじですね)
人によってはこの自由散策ちゅうに、
運がよければ一緒にキャストと写真におさまったりできたのではなかろうか?
私は友達と一緒にキャスト陣とは全然違うコースというか歩き方してたので、
ほとんど遭遇しませんでしたがww

●自由散策を終えて再びバスに乗り込み昼食会場へ!
移動しはじめる頃に雨がぱらつきはじめたのでグッドタイミングでした。
行き先は温泉付きの宿泊施設でした。
サークルの合宿とかで行きそうな感じのところといったら伝わる気がする。
キャスト陣は先に別の車で移動していて、
会場についた時点で建物の入り口でお出迎えしてくれました。
通されたのはいわゆる宴会場みたいなところ。
畳敷きのお部屋に、9卓に分かれて参加者が座りました。1テーブルあたり10人ほど。
御座敷にざぶとん、修学旅行感がいよいよ強まってまいります

●テーブルにはすでにお膳が並んでいて(お弁当じゃなく、温泉のおひるごはんって感じのメニュー。)
お腹減ったし、とりあえず食べてからチェキ撮影だよね~?と思っていたら、
「撮影とお食事同時並行でいきます!」という衝撃の発表ww
その展開に動揺をおさえきれない参加者たちのもとに、いったんメンバーが登場
→全員でいただきますの挨拶をする
→すぐにキャストは別室の撮影会場へ
→そして冒頭の参加者グル―プが早速そちらへ呼び出されるwww
食事&撮影タイムが45分間しかなかったので、さっさと食べないといけないんですが、
これからチェキを撮るという、いわゆる接触会を目前にして「…食えねぇよ!!!」となる参加者続出
それまですごいおなか減ってたのに、まじで喉を通らなくなってほんと面白かった…ww
みんな食べることをあきらめて身支度しながら己の緊張と戦うタイムスタート。
いちばん緊張する接触会の直前に何かを食すことに挑戦するって、新しいなと思ったww

●随時卓ごとにスタッフさんに誘導され、撮影の会場へ移動していきました。
撮影のシステムもいろいろと衝撃的でw
・キャスト4名のうち、自分の隣に座ってほしい人をスタッフさんに自己申告する
→すると自分が撮る順番になったときスタッフさんが
「みつやくんお願いしまーす!」みたくお呼び出ししてくれるw
・撮影のタイミングで手紙&プレゼントは本人たちへ直接手渡しOK
・さらに撮影ポーズは自由に指定可能
…という感じでした。まさかのオールフリーダムッ!!!
いわゆる女優ライトも用意されていて、とっても綺麗に写してくださいました。
長々話し込んだりはできないですが、自分の順番のタイミングでひとことふたことお話しできます。
撮影が終わった人から順に昼食会場に戻り、ようやくお腹を満たす作業にうつるわけですが
でも今度は胸がいっぱいで「食べれない」という人が続出。ほんとに面白かった。笑

●全グループの撮影がおわり、15分ほど待ったところで、
キャストが会場に登場→トークが始まりました。
ここで座間Pも登場。
一段高くなった小さ目のステージみたいな部分に椅子が並んでいて、
5人で腰かけながら撮影秘話などを話していきました。
このあたりの中身もすみません、、長くなるから待て次号。。。

●トークがひと段落したところで、今度はゲームタイム!
9卓を縦に割って3つのグループをつくり、
「A:うしろシティチーム」「B:みつやチーム」「C:滝口チーム」に分かれることに。
誰がどのチームになるかは、キャスト自らくじをひいて決定。
チームわけが済んだところで、頑張ろうね~~~!って叫びながら、
自分のチームの卓のまわりをダッシュしていったみつやりょうさん。めんこい。
あとどのタイミングが忘れたけど、自分のチームが正解したときに、
近くまで走ってきて笑顔で跳びはねながらエアハイタッチをして去ってったりもしてた。
その場にいたみつくらが「可愛い…」ってへなへな崩れ落ちたのはいうまでもありません

●第一回戦は「ジェスチャーゲーム」。
キャストが全20問あるお題セットをくじで選び、
チームメンバーの参加者たちがステージ前に集まって、キャストのジェスチャーに回答、
制限時間1分間でいくつ正解できるか?というルール。
ジェスチャーゲームに入るタイミングでガチの緊張がおになったみつやさん、
ゲーム開始前にはおってたロングシャツを脱いでの本気モードでしたw
どうしよう緊張する~~!って何回も言ってたし、ほんとに顔がこわばっていたww
自分がちゃんとジェスチャーしなきゃ正解してもらえない!というプレッシャーがありありと><
ほんとに常に全力なんだなぁとホロリです(かほご)
二周したんですがこの時点で1位うしろシティチーム、2位滝口チーム、3位みつやチーム。
健闘するも最下位になっちゃったので(難しめなのが多くて、お題の引きがちょっと悪かった)、
ひたすらハの字眉でチームに対して「ごめんね~~~!」って言ってた。たげめんこい。

●第二回戦は「シンクロゲーム」。
~といえば?という質問に、キャストがなんと回答するかを予想して、
1テーブルごとに1つの答えにまとめて回答していくゲーム。
問題はキャストが1問ずつ回答を担当し、
正解したテーブルに点が加算される(自分のチームじゃないキャストの質問にも全員で答える)仕組み。
割り当てられた問題は、金子さん「ロケでいきたい都道府県は?」滝口さん「遠足といえば何?」
みつやさん「縁日の屋台で買うものといえば?」阿諏訪さん「コンビニといえばどこ?」でした。
→回答はそれぞれ「新潟県」「お母さんが作ったおにぎり」「バナナチョコ」「セブンイレブン」だったんだけど、
ここでみつやさんの回答が大ハプニングを巻き起こしていたww
各テーブルに散らばったみつくらは、
もう当然のように「りんごあめ」しか答えが思いつかないわけですよ。笑
結果、9テーブル中8テーブルが「りんごあめ!」って回答したんだけど、
それを聞いているみつやさんが明らかに「ヤベェしまった」って顔しててwww
1テーブルが奇跡的にチョコバナナを正解し歓声があがってました。
みつやさん「いや、違うんです!地元の人って普段食べれるものはあんまり食べないから、
チョコバナナとか、いちごあめとか、滅多に食べれない、他のものを食べるんですよね~!」←必死のフォロー
(バナナが滅多に食べれないってどういうことやねんwwと心の中でつっこんだのは内緒)
…からの阿諏訪さん「いま三津谷、あ~りんごあめもあったか~…ってつぶやいたよ!
りんごあめの存在忘れてたよコイツ!」ってばらすww
みつやさん、すごい謝ってたww
第二回戦終えたところでも順位は変わらず、みつやチーム最下位!
それが最終結果発表かと思ってたらしく、
さらに最終戦があると聞いて「良かった~~!最後かと思った~!」ってさけぶみつやさん。
ほんと負けず嫌いだなぁ~っていうのを実感して微笑ましいひとこまだった。

●ラストは「スプーンリレー」。
プラスチックのスプーンにのせたピンポン玉を、
キャストをトップバッターに、チーム全員で隣の人同士でリレーし、
最後はキャストまで戻す→キャストが部屋の一番後ろからステージ上までひとりで運ぶ
→箱に入れたらゴール!というルール。
みつやチームには人数合わせのために座間Pが飛び入りw
滝口チームにも人数調整でスタッフさんが3名ほど入られてました。
リレー中、ひたすら「いいよいいよ!」「大丈夫!」「行ける行ける!」「頑張って!」
ってかなりな大声で自分のチームを応援しつづけるみつやさんw
そして隣から「みつや、うるさい!!!」ってクレームを入れる阿諏訪さんw
途中からみつやさんの声援が「カモン!」「カムヒア!カムヒア!」って英語になったのには吹きました。
ピンポン玉おとすからやめてww
そして最終的に!さいごの座間Pから受け取ったみつやさんがステージ前にダッシュし見事一位でゴールし、
最終得点の結果、なんと逆転!
大勝利を決めたみつやチームなのでした!

●優勝!と発表された瞬間、テンションMAXになったみつやさん、
スプーンを持ったまま、勝利の舞いを全力で踊り狂っていたwww
跳ね回って両手振り上げてスプーンつかって投げキッス→最後はスプーンを天高く突き上げて決めポーズッ!
ってしてました。楽しそうだったwwww
そしてそのハイテンションのまま、
「やった~~~~!!!!!イエーーーーーーイ!」って雄叫びをあげながら、
ものすごい勢いでチーム全員とハイタッチをしてくれたww
ほんとに突進してくる勢いだったから爆笑がとまらなかったです。
そして駆け抜けていったあとに香る安定のラブスペル(いいにおい)
さらに、スタッフさんが優勝賞品として用意してくれたおまんじゅうを、
チーム一人一人にみつやさんが手渡ししてくれました。
その様子がまた、選挙に当選した人みたいでww
「皆々様のおかげでございます!」「感謝感謝でございます!」「おまんじゅうでございます!」
って言いながら丁寧に配って回るみつやさん。ただただ可愛い。そして嬉しそうだった~

●ゲーム終了後、キャストさんから一言ずつご挨拶。
(挨拶内容思い出せたら次の記事で補足します)
ここでお別れじゃないけど、いったんバイバイ!ってへばねぇをして、
参加者はバスへ移動。
バスに乗り込んだところで、行きとは逆の組み合わせでキャストがバスに来てくれたんだけど、
ここで急きょ「全員で写真撮影しましょう!」という提案がスタッフさんからあり、
いったん全員バスをおりて、駐車場で写真撮影をしました。
建物の3階あたりの窓からカメラマンさんが身を乗り出して撮ってくれてました。

●撮影終了後、再びバスに乗り込んで帰路へ。
そこでのトーク内容は、、、待て次号!(なんどめだ)
30分ちょっと走ったところで、キャスト陣とはお別れに。
でもその最後にもまた、一回バスを降りたあとに再びサプライズで全員で乗ってきてくれて、
バスの中で追加での記念撮影をしてくれました。
こうして一日で撮った写真は後日参加者限定で販売されるとのことでした。
一覧が公開されて、すきなやつを選んで注文していくという、修学旅行スタイル。
キャスト陣とお別れしたあと、添乗員さんが本日のお土産として、
4人からの直筆サイン入りフォトフォルダーを配ってくれました。
サイン入りのお土産もらえるなんて思ってなかったから、これにもびっくり!

帰りは若干の渋滞があって、新宿に戻ってきたのは予定より40分ほど遅い18:40頃。
バスをおりて、その場で解散。
でも「家に帰るまでが遠足だからね!」ってさんざん会場で言われてきたので、
帰るまではね!って友達と言い合って帰途につきました。
(いつからバスツアー→遠足になったんだと思いつつw)

とりあえずね、流れはこんな感じでした!
こうして振り返ってもすごい楽しかったわ!満足度がはんぱない。
キャストさん、スタッフさん、ご一緒した皆さんのおかげでとても楽しい一日がすごせました、
本当にありがとうございました!
お天気は暑すぎず寒すぎず、雨もほぼ降らなかったしで、そのあたりもラッキーでした。
(4月のぽっとバスツアーはほんとに寒さがトラウマものでして)(だからしつこいって)

そして続き、、なにをどこまで思い出せるかわかんないけど、、、書くぜ次号!がんばれ!

No.69 / レポート(観劇・イベント等) // PageTop▲

web拍手 by FC2
 Home