扉を開ければそこは夢の国
いんふぃにてぃアップル。


プロフィール


infinityapple

Author:infinityapple
面白そうなものをとりあえず見に行く人生になって早数年、アーカイブ機能がメインですが観劇&イベントメモ用ブログ。
「マナーを守って静かに楽しく応援する」ことを大切にしています。
※コメント欄設けてないので何かございましたら拍手欄よりお願いいたします。
※ブログ内記事の無断転載はお断りいたします。



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (1)
レポート(観劇・イベント等) (62)
ひとり鑑賞会 (1)
日々のうわ言 (11)
レポ系ツイート・その他記録系まとめ (10)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手 by FC2

2015.02.11  17歳と10年目! <<23:46


今年もやってきましたバースデイ!そしてメモリアルデイ!
Happy Birthday to Ryo Mitsuya☆
コラージュ

(サムネくりっくすると大きくなるよ、だけどツイッターへっだーと同じです)

いよいよですね。10周年!!!
このブログ書いてるのは日付的にはかなりギリギリだけどな!!

17歳と9年目のみつやさんを応援してる中で、ほんとにいろんなことがありました。
帝一の國出演が発表になった直後の誕生日、
そこからは怒涛の、そしてとてつもなく楽しくて幸せな1年でありました。


帝一の國の光明にゃん。
役がどうこう!っていうよりもう私はあの作品世界に恋をしてしまったのですが、
通いまくった9公演どれもすべて楽しくて楽しくて、
お蔭でブログ更新回数が大変なことになりました。
毎日あのボリュームで書き続けるって頭おかしいよねよく書いたわ…
でも日替わりとか思い出せるから書いといてほんとよかったなと後で思ったww
舞台の上でキラッキラに笑顔ばくはつ!な勢いで輝いているみつやさんを初日に観たとき、
あまりの多幸感に泣きました。(まぁ比較的いつも泣いてるけどな…)
素の自分に比較的近い役でありながらも、
ちゃんと別個の存在として板の上にキャラクターを作り上げていて。
台詞の言い方などに「また進化してる!」という成長も感じました。
とにかく光明ちゃんのみつやさんみていて印象的だったのは「ものすごく楽しそうだった」ってこと。
この作品に出られて!みんなとお芝居できて!嬉しい!!!っていうエネルギーが、
全身からほとばしってました。
つられてこっちが笑顔になってしまうほどの、はじける笑顔とダンスでした。
…帝一について書くと記事いっこぶんくらいになるからちょっとこのへんで。

帝一楽のあとも、5月は怒涛の写真集発売→DLIVE→シークレットイベント→ハイタッチ会。
あぁぁぁほんとに楽しい1ヶ月だったなぁ!!!
あまりに濃すぎてブログ更新もままならず。笑
あのときのみつやさん、あまりにもスケジュールつめつめで、
正直ちょっとお疲れ気味なときもあったけど(とくにDLIVE中)、
月末のハイタッチ会ではお肌ツヤピカで隈もなく笑顔が眩しく、
あぁほんとにプロのお人だ…と思いました。ハイタッチ会も楽しかった!

7月には河童。
あの作品に出会えたこと、出演しているみつやさんを観客として見届けられたこと。
とてもとても光栄に思いました。
休憩中の盆踊りもものすごいインパクトだったなぁ。
舞台に上がらせてもらえるのって貴重だよね。…中央で推しが死んでいるけれどね…
マイクなし、小劇場、普段とは全く違う色合いの座組みのなかでも、
自分らしさをまっとうしてしっかり役者としての居場所をつくり、
作品の中でキーとなる役を演じきっているみつやさんの姿には、胸があつくなりました。
死ぬのが怖いと言って死んでいったピップくんに、
これからは俺と一緒に生きていこうね、肉まんをたくさん受け取っていこうね!
って力強く言葉をつづった公演後のみつブロには本当に泣かされました。
板の上でほんとに全身全霊をかけているみつやさんに、目が釘付けでした。
こんなに自然に体を使えたんだな!って驚かされたり、
やっぱり身体能力高かったんだな!って再発見したり、
役のままでその時間を生き切ることにかけては天下一品だなと感動したり…
ピップ君の透明感はちょっと特別。
河童の国に通い詰めたあの夏の日を忘れないよ。
ピップ君も今はみつやさんと一緒に人間の国で笑顔でいてくれるといいな!と思う。

仙台ネスレイベ、24時間テレビ出演などなど、
そのあとも夏はイベント盛りだくさんでした。
真夏のさなか、ネスレイベは這うようにして遠征した!そして青森は行けなかった!
ぶっちゃけ青森を見送ったのは、後悔はしてないけど(スケジュール上無理だったのでね)、
やっぱりめちゃくちゃ切なかったっす。心の底から行きたかったです。
ど根性で青森の録画は手に入れましたが…!
24時間テレビラストのサライでワイプだったけど、
笑顔で手を振るみつやさんが見られて幸せだったよ!

そして11月のSHIP IN A BOTTLE。
これもまたものすごい作品に出会ってしまったもんだ…と思いました。
壮大な実験ともいえるけど、実験に終わらずに公演序盤でぐんぐん完成度をあげていって、
やりたかった世界をきちんと完結させてみせた鈴井さんとキャストのみなさん、ほんとうにすごい。
あの舞台装置で誰も大けがをしなかったのも正直奇跡だと思っている!!
お話自体も本当に面白くて。
河童で火が付き、SIABで本格的に演劇そのものの深みにはまるな。。と思いました。
荒波の中でもがいていた彼らは、「おーい!」と叫んだそのあとに、
いったいどんな未来を迎えるのだろう…と考えると…
決してハッピーエンドではないに決まっているけど、、それでも幸あれ!!と思う。
鳥居くんは内側というか奥底というか、
自分の中にぼんやりと、でも確実な何か「闇」を内包していて、
すっと無表情になったり、いきなりニヤッとわらったり、観ていてゾクゾクしました。
かと思えば世界と相いれない自分に泣いたりして。
もう役者としてさいっこうにかっこよかった。
鳥居くん、ほんとうは犬山さんと仲良くなれて嬉しかったかなぁとか、
そんなことをたまに考えます。


…ふと思いついて作品ごとに振り返ってしまったけれど!
みつやさんを応援していると、
努力は人を裏切らないんだなぁって、そんなことをまじめに思ってしまいます。
現状に満足せず、自分がやりたい表現を実現するためにはどうしたらいいのか向き合い続け、
きっと悔しかったり苦しかったりすることがあっても、
それを表には出さずに努力をし続ける。
そんな彼は新しい作品の幕があがると、必ず以前とは一回り大きくなった姿を見せてくれます。
いったいどれほどのがんばりがあるのかな、って思う。

稽古中だろうが本番中だろうが、毎日写真付きのブログをあげてくれて、
折に触れてはファンや共演の方など環境への感謝を述べ。
あんな純粋な人ほかにいる!?
あの繊細さとまっすぐさで芸能界を生きていくのはきっと並大抵のことではないと思って、
よく心配になってもしまうけど、
でも17歳と9年目の1年だけでも、みつやさんはすごく逞しくなったなぁとも感じます。
なんていうか、みずみずしくて、しなやかな枝みたい。
どんなようにもしなるけど、折れはしない。跳ね返す力を持ってる。

もしかしたら、この先ものすごい重みがのしかかってくることがあって、
万が一にも折れてしまうようなことが、決してないとは言えないけど、
それでも折れたところから新しい葉を芽吹かせることができる、
そういう芯のある力強い人だと思っています。

だからせめて、みつやさんの頑張りを1ミリでも後押しできるような、
そんなファンでありたいです。
彼にはあかるい未来をみてほしいし、いつでも笑顔でいてほしい。

みつやさんが自分の夢にむかって、これからも楽しく歩んでいけますように!
あらためて27歳おめでとうございます。
新しい1年にも幸多からんことを!!!

(だいぶあつくるしくて気持ち悪くてすみませんでした!笑)
スポンサーサイト


No.50 / 日々のうわ言 // PageTop▲

web拍手 by FC2
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。