扉を開ければそこは夢の国
いんふぃにてぃアップル。


プロフィール


infinityapple

Author:infinityapple
面白そうなものをとりあえず見に行く人生になって早数年、アーカイブ機能がメインですが観劇&イベントメモ用ブログ。
「マナーを守って静かに楽しく応援する」ことを大切にしています。
※コメント欄設けてないので何かございましたら拍手欄よりお願いいたします。
※ブログ内記事の無断転載はお断りいたします。



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (1)
レポート(観劇・イベント等) (62)
ひとり鑑賞会 (1)
日々のうわ言 (11)
レポ系ツイート・その他記録系まとめ (10)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手 by FC2

2013.11.24  亜雌異人愚なグレイス まとめ記事その3 <<21:30


思い出してじわじわ追加することになりそうなアメグレ記事です。しつこいです。
なんでこんなに思い入れがあるのか?っていうのは、やっぱり
・Dボ吸収騒動後、初のお仕事だったこと
・公演中止→代替公演発表の精神的ジェットコースター
・DVD化されないので自分の記憶に焼き付けるしかない
などなど、いろんな理由が挙げられます…。

女装に関しては、事前に公開されてたビジュアルの通りだったんですけど、
(たぶん細かく変える余地なんかもなかったんだと思う)
写真で見ると「きれいに女装してるな~紫似合うな~」くらいだったのが。
実際にですね、舞台で歌って踊って演技している姿を見ると

アマンダちゃんただの美少女

ものの見事に男らしさを消し去ってて、違和感がなさ過ぎてほんとにびっくりしたんですよ。
スタイリングもすごく良かったんだと思う!
ウエストマークされてるワンピーススタイルに長袖のパフスリーブで、
女性にくらべてどうしてもごつく見えがちな上半身がうまくカバーされてて。
(その点、ニコラちゃんは半袖のブラウスにスカートで、ちょっと損しちゃうスタイリングだった気もする。
ウエストにポイントがあるかないかで目くらましのされ方全然違うはずなのに!)
そんでみつやさん脚はもともとほっそいからさぁ;;;;
あんだけ太い白黒ボーダーの靴下はいて細く見えるなんて、あれは世の女性泣かせだよ???

アマンダちゃんは大人っぽいキャラなのか?と思わせつつ(無敵の上手売店売り子ちゃん!)、
お芝居の中盤で「公演を盛り上げるために足りない何か」をみんなで探すシーンで、
全部にいちいち驚いたり喜んだりしてて、実はけっこう幼いところもあるのかな?って思いました。
マルコの親指を消すマジックにおびえたりマジック成功に喜んだりするところが、
途方に暮れるほどかわいかったです。。。
みつやさんが「いただくお手紙に”女性をやめたくなります”って書いてあるのがたくさんあるんですけど、
むしろ僕は皆さんこんなに大変なこと毎日やってるんだ!って尊敬の気持ちがわいてきて!」
ってゆってたけど、いやいやまじでほんとやめたくなるから。。。


そんな彼女のいちばんの見せ場は(いやたくさんあるんだけど)、
やはりフレディさんとのタンゴですよね…。
本番ギリギリにタンゴの曲があがってきて、普段の稽古の時間ではダンスレッスンができず、
学さんと一緒に必死に練習したというみつやさん。
後から神戸公演を見た友達に聞いたところによると、神戸ではまだ公演ごとに出来のばらつきがあったとか。
一方で東京公演では初日から魅せきってた…と思います!!
私は16日初日、18日マチソワ、19日マチネ、23日マチソワ、24日マチソワっていう観劇スケジュールだったんですが
23日はちょっとお疲れだったのかな?って感じはしたけど、
全般を通して、毎公演ぴりっとした緊張感が漂ってて素晴らしいステージになってたと思いました。
この二人のダンスシーンの序盤は、劇場から姿を消したニコラとアンナを探して、
フリッツさんたちが客席ふくめて駆け回ってるんだけど、
私の視線は一度たりとも舞台正面から外れることがありませんでしたwww

タンゴは出だしからもうやばくて。。。
真っ赤な照明の中に、フレディとアマンダふたりのシルエットだけがくっきりと黒く浮かび上がり、
差し出されたフレディさんの手をとるべく、
階段を一段ずつ「コツリ、コツリ」と上がっていくアマンダの靴音だけが静寂の中に響く。
(ふたりともスタイルがいいからさぁ…!美男美女!いやでもまてみつやさん男性なのにと更に混乱する私)

タンゴ独特の足をけりあげて裾をさばくような動きもしっかり取り入れられているのですが、
学さんのタンゴにしっかりレッスンでくらいついていったんだろうな…って思わせられる、
本当に大人っぽくセクシーな女性の演技でございました。。。
止めるところ流すところのメリハリが効いたダンスは、もともとみつやさん得意分野だと思うんだけど、
とにっかく美しくて、それこそ息をするのを忘れるほど全力で見入ってました…

大楽は、ダンスが終わった後の拍手がまたいっそう大きくて;;;;
客席でもはっきりそれがわかるくらいだったんだけど、
後日ブログで学さんに「最後拍手が大きくて嬉しかったな」って言われて泣きました、
っていうエピソードを読んでそらもう私も号泣しました;;;;;;;;


表には出さないほんとうに血のにじむような努力があったんだろうなって思います。
それこそ、アメグレ後と前で若干表情が違うような気さえ。
より自信にあふれているっていうか!

あんなに素敵な女の子に出会わせてくれてありがとう!っていう気持ちで、今でもいっぱいです。
アマンダちゃん、もう一回会いたいなぁ。
スポンサーサイト


No.7 / レポート(観劇・イベント等) // PageTop▲

web拍手 by FC2
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。